為替レート(1)

為替レート(1)

為替レート

為替レート(英:ExchangeRate)とは、通常の外国為替の取引における外貨との交換比率(交換レート)です。為替相場、通貨レート、単にレートとも呼びます。基本的に市場で決定されます。市場で決定されたレートをMER(MarketExchangeRate)と呼ぶ為替レートはマネタリーベースと大きく関係しています。円高を是正したいなら、円を刷って増やせ良いといえます。円高になると、GDPが減り、株価は下がります。円安になると、GDPが増えて、株価は上がります。

為替レートの概要

現代における貨幣(通貨)は、各国(または複数国が協調して)の政府ないし中央銀行が発行し、当該国の法律などにより裏付けを与えられ通用しているものが一般に用いられています。その通貨は一般に当該国・地域の外では通用しないため、貿易や資本移動など国境を越える取引においては、当該国・地域で通用する通貨へ交換する必要があります。その際、自国・地域と相手国・地域との通貨の交換比率を決定するための概念が為替レートです。

為替レートの注意点

ここで注意したいのは、基軸通貨である米ドルに対し固定相場制や変動の緩慢な通貨バスケット制を採用している国が多く存在する事です。米ドルと連動するそれらの国の為替レートを考慮したレートのネットが、変動相場制を採用している国々との正確な現米ドル為替レートとなっているか考慮する必要があります。一般に、為替レートはその制度に関わらず経済情勢の変化によって変動します。ある通貨Aに対して、変動相場制の下で通貨Bの価値が増大した場合、BはAに対して増価(appreciation)したという。また、AはBに対して減価(depreciation)したといいます。

為替介入

政府や中央銀行などの通貨当局は、外国為替市場に介入して当該国家の為替レートに影響を与えることができます(為替介入)が、中央銀行による介入が最も影響力が強くあります。これは、中央銀行以外の介入は当該国の通貨流通量を劇的に変化させないからです。固定相場制において為替介入や固定相場レートの変更などで、為替相場の水準が人為的に変更された場合は、自通貨が増価した場合を切り上げ(revaluation)、減価した場合を切り下げ(devaluation)と呼びます。

交換価値

為替レートに対しては、例えば「為替は国力を表すはずです。少子高齢化で衰退していく国の通貨が上昇するのはおかしい」というような誤解を持たれることがあります。為替レートというのは基本的に2つの通貨の交換価値に過ぎず、長期的には購買力平価に沿った動きになります。

通貨とインフレ

すなわち、インフレ率が高ければ通貨の価値が下がり、インフレ率が低ければ上がると考えることができます。そして、長期的にはそれが為替レートに反映される、とシンプルに考えれば良いです。基本的に為替レートは単純にモノとモノとの交換レートに過ぎないため、為替が国力を表したり、成長率が高い通貨が買われ続けたりすると言うのは幻想であるといえます。

円高の感覚

円が割高だと考える人々は、日本人よりも海外の方により多い様です。高齢化、土地の値段が20年で全然上がらず、冗談の様な低金利、東日本大震災、世界最悪クラスの原発大事故の日本円が、なぜ市場で買われなければいけないのか、感覚的に許せない様です。デフレと低金利の継続する日本は、購買力平価説および金利平価説により、長期平均では名目上の円高が進むのが理論的な期待値です。また円高がデフレ圧力として働きます。

円買い

近年、「リスク回避の円買い」となっていて、リスク回避的になる時には、全世界の株が下落し、円高となる傾向が強くあります。逆に「リスク選好的」となる時には、全世界の株が上昇し、円安となる傾向が強いといえます。円高が進行しているのは準備通貨としての存在感が強まってきたからだという指摘もあります。これは中央銀行(特にアジアの中央銀行)が、ドル中心だった外貨準備の多角化を目指しているためです。

MONEY!MONEY!

金利の低下

為替相場が円高になると、海外からの原材料や食料品、石油などの輸入品が値下がりするので、物価が下がる。物価の下落は金利の低下につながるので、為替相場の円高は金利の低下につながる。

金利の上昇

為替相場が円安になると、海外からの原材料や食料品、石油などの輸入品が値上がりし、物価が上昇します。物価の上昇は金利の上昇につながるので、為替相場の円安は金利の上昇を引き起こします。

米国の金利

米国の金利が上昇したり日本の金利が下降したりして日米金利差が拡大すると、日本の金融商品に投資するよりも米国の金融商品に投資をする方が有利になるので、円をドルに換えて米国の金融商品を購入しようと円売り・ドル買いが進みます。この結果、日本から米国にお金が流出し、ドル高円安になっていきます。

日本の金利

日本の金利が上昇したり米国の金利が下降したりして日米金利差が拡大すると、米国の金融商品に投資するよりも日本の金融商品に投資をする方が有利になるので、ドルを円に換えて日本の金融商品を購入しようとする円買い・ドル売りが進みます。この結果、米国から日本にお金が流入し、円高ドル安になっていきます。

金利差と価格レート

短期的には金利の高い国の通貨が上昇しがちです。しかし、金利の高い国はインフレレートが高い国、通貨価値の下落が大きい国であるので、長期的には通貨安となる場合が多いといえます。このように、金利差が為替レートにおよぼす関係は、短期と長期で逆であるといえます。

為替 EXCHANGE!

不動産のことなら、どのようなことでもお気軽にご相談ください。センチュリー21ハッピー住まいる では、お客様の立場に立った接客を心がけ、全社員一丸となって努力してまいります。

リスク回避の円買い

近年、「リスク回避の円買い」となっており、リスク回避的になる時には、全世界の株が下落し、円高となる傾向が強い。逆に「リスク選考的」となる時には、全世界の株が上昇し、円安となる傾向が強い。

円高

円高においては東証の輸出向け企業の株価は下落することが多くあります。また、輸出産業の業績が悪化し、輸入産業やその関連企業の業績が好調となります。

(1)輸入するときには今までより安く仕入れる事ができるので、コストが削減できます。

(2)輸出するときには円が高いために買ってもらいにくくなるため、利益が減少します。また、海外で製造を行っていても、貿易は基本ドル建てで行っていて、海外での利益を円転する時に目減りします。

円安

円安においては東証の輸出向け企業の株価は上昇することが多くあります。また、輸入産業の業績が悪化し、輸出産業やその関連企業の業績が好調となります。

(1)輸入するときには今までより高く仕入れなくてはならないので、コストが余計に増加します。

(2)輸出するときには円が割安なので買ってもらいやすくなり、利益が増大します。また、貿易は基本ドル建てで行っていて、海外での利益を円転する時に増加します。