外国為替証拠金取引(FX)

外国為替証拠金取引(FX)

外国為替証拠金取引(FX)

外国為替証拠金取引)とは、証拠金(保証金)を業者に預託し、主に差金決済による通貨の売買を行なう取引をいいます。「通貨証拠金取引」、「外国為替保証金取引」などともいいます。FXはForeigneXchange=外国為替の略に由来しています。海外ではForex(Foreignexchange)と呼ばれることが多いでしょう。また、日本では、投資商品としては、外国為替証拠金取引と差金決済取引(CFD)は区分されていますが、実際は、外国為替証拠金取引は差金決済取引(CFD)の一種でもあります。

日本における外国為替証拠金取引

日本では1998年に外国為替及び外国貿易法が改正され、ダイワフューチャーズ(現・ひまわり証券)、豊商事などが取扱いを開始、ブロードバンドの普及も手伝って市場が急速に拡大しました。商品先物会社、証券会社のほか、本取引を専業で取り扱う外国為替証拠金取引業者もあります。取引の仕方によっては非常に高いリスクを負うため、実際の取引にあたっては外国為替相場に関する十分な知識や経験を要するので注意しましょう。

外国為替証拠金取引(FX)の特徴

外国為替証拠金取引には、外貨預金・外貨建てMMFなど、他の外貨建て金融商品と比較して、以下の特徴があります。

(1)多くの外貨建て商品では、通常外貨を買ってから後に売るという取引になりますが、外国為替証拠金取引では逆に外貨を売ってから一定期間後に買い戻すことも可能で、いわゆる「売りから入る」取引です。また、日本円(JPYと略する)しか持っていなくても、「米ドル(USD)を売ってユーロ(EUR)を買う」といった取引も可能です。

(2)レバレッジを利用することによって証拠金の何倍もの外貨を取引することができます。但し、証拠金以上の損失を受けることもあるので注意が必要です。

(3)株式現物取引とは異なり差金決済のため預託金拘束がなく、同一通貨を何回でも取引できます。

(4)為替レートが同一の時の、売り相場と買い相場(他の外貨商品でいう、電信買相場(TTB)と電信売相場(TTS))の差(スプレッド)が他の金融商品に比べて小さいといえます。

(5)金利が高い通貨の買いポジション(ロング)の場合の、金利差による受取スワップポイントも、他の金融商品より有利な場合が多いです。ただし、この場合、受取スワップポイントによる利益を享受できるのは、買いポジションにある通貨が上昇している時だけで、下降時には受取スワップポイントを食い潰すほどの多大な損失を受けます。

(6)外国為替証拠金取引でも日本国内での初期の頃は、限月制の取り扱いもありましたが、現在では限日制(ロールオーバー制)が一般化しました。

(7)金融先物取引法(昭和六十三年五月三十一日法律第七十七号)において、取引所金融先物取引のカテゴリーとして東京金融取引所の「くりっく365」や大阪証券取引所の「大証FX」を想定とした同法第2条第2項第2号があります。しかし、限日制(ロールオーバー制)取引について、「くりっく365」および「大証FX」は、法律上は、先物取引ではあっても、取引の仕組みの定義からの視点で見ると、先物取引とはいえません。

(8)同様に、同法には、店頭FXを想定した店頭金融先物取引のカテゴリーがあります(同法第2条第4項)が、法律上は、先物取引ではあっても、取引の仕組みの定義からの視点で見ると、先物取引とはいえません。

(9)差金決済が出来る証拠金取引、且つ、直物取引がベースとなっています。決済期限の繰り延べ(ロールオーバー)ができるため取引の仕組みが直物取引と先物取引の中間的なものといえるものとして限日制(ロールオーバー制)取引が存在しますが、前途のとおり限日制(ロールオーバー制)取引は国内法令上は、金融先物取引法を受けますが、取引形態の観点から見ると直物為替先渡取引(先渡し契約:forwardのうちnon-deliverable-forward「NDF」)であり先物取引(futures)ではありません。

(10)外国為替先物の国内取引所はなく(過去に金融取において通貨先物取引は存在しました)、国際的にはシカゴ・マーカンタイル取引所の為替先物が利用されます。

(11)輸出入業者が為替取引に関する保証契約(オプション取引)を希望するさいにはFX取引では対応することが困難であり、金融機関などの提供する為替予約(相対取引)などを利用する必要があります。

(12)取引単位は店頭取引については各社バラバラで、単位表示が、1通貨単位(SBI FXトレード、外為どっとコム等)、1枚あたりの通貨数量が、1枚=5万通貨(第一商品)、1ロットあたりの通貨数量が、1ロット=1000通貨(ヒロセ通商)、1ロット=1万通貨(FXトレード・フィナンシャル等)、1ロット=10万通貨(アルパリジャパン、外為ファイネスト等)などとあり、最低取引単位が1通貨単位、100通貨単位、1,000通貨単位、1万通貨単位、5万通貨単位、10万通貨単位などとあるので、注意が必要です。

(10)取引時間やスプレッドについては各社バラバラです。

MONEY!MONEY!

レバレッジ効果

証拠金取引でレバレッジ効果があり、自由に決済期限をロールオーバー(繰り延べ)出来き、取引時間中であれば売りも買いも自由に参加したり離脱出来るため、先物取引と同様に輸出業者や輸入業者などの実需筋や投資家等が自己の裁量により将来の価格変動にともなうリスクを外国為替証拠金取引で回避または軽減する手段(リスクヘッジ、保険繋ぎ)にも活用出来るメリットがあります。

メリット

また、一部の金融商品取引業者では、外貨受け渡し(デリバリー)も出来る点もメリットであるといえます。銀行との先物為替予約の場合は直先スプレッド(スワップレート)等が加味されたレートでの契約に対して外国為替証拠金取引の場合は、日々のスワップポイントが加減されるところが異なるため、厳密には適用される金利の性質は異なります。

先物為替予約のメリット

銀行等の金融機関との契約による先物為替予約は原則として、あらかじめ決めた予約の実行日または実行期間内に、締結済みの予約金額の全てを消化して使い切らなければならなく、途中解約の場合は解約違約金が発生するケースがあります。為替デリバティブ商品が、その商品設計が銀行側に極めて有利な内容になっていて社会問題となった商品も存在しますが、外国為替証拠金取引によるリスクヘッジの場合は、取引時間内であれば、自己の都合、裁量で、決済期限を途中での変更が自由に設定でき、違約金が発生しなく、ヘッジのさじ加減が自由にできるのもメリットでしょう。

為替 EXCHANGE!

この街で生まれた私ども長野市 不動産は、生まれた街が大好きです 。これからもこれから先も長野市と共に歩んでいきます 。この街の不動産のことなら、長野市 賃貸 にお任せください!地元に密着した情報も併せて、お客さまのご希望に沿った間取りや地区などご提案させていただきます!地元に精通している私どもですので、どうぞご安心してください 。地域の皆さまに愛され、そしてこの街と一緒に成長してきました 。お気軽にお電話ください! 。

先物為替予約と外国為替証拠金取引

また、スプレッド(銀行又は、金融商品取引業者の売り価格と買い価格の差額)の観点からしても、一般に、銀行との先物為替予約の2通貨間の固定金利と外国為替証拠金取引の2通貨間の日々の金利との違いを加味しても、銀行との先物為替予約よりも、外国為替証拠金取引のほうが取引コストが低いのも特徴です。