外国為替市場

外国為替市場

外国為替市場

外国為替市場(英語:Foreignexchangemarket)とは、外国為替取引が行われる場の総称です。外為市場と略称することもあります。

外国為替市場の概要

広義に解釈すれば外国為替銀行としての対顧客市場も含まれますが、一般にはより狭義に為替銀行間取引が行われる場を指します。為替銀行の顧客には、商品の輸出入を行う貿易業者を中心に、運賃、保険料、利子・配当金、海外旅行費用などの経常的経済取引や、対外証券投資、対外直接投資、対外貸付け・借入れなど資本取引を行う者があります。

外国為替市場

外国貨幣の交換を行う両替商も為替銀行の顧客です。為替銀行は、こうした対顧客取引によって生じた外国為替の持高や資金の過不足を調整するため、相互に外国為替の売買を行います。この為替銀行間の取引を銀行間取引といい、その市場を銀行間市場(インターバンク市場)といいます。

外国為替と銀行間市場

銀行間市場における取引には、外国為替ブローカー経由で行われるものと、為替銀行が相互に直接取引を行う直取引とがありますが、後者は相互に満足する出合いが限られるため、外国為替ブローカー経由取引が圧倒的に多くあります。銀行間取引は、一地域の市場内にとどまらず、広く他の地域あるいは外国の市場においても本支店または外国の取引銀行を通じて活発に行われます。

外国為替市場の市場介入

銀行間市場には、政府・中央銀行も参加します。これは、特定の政策目的をもって為替相場に影響を与えるために行われ、この取引は市場介入と呼ばれます。

MONEY!MONEY!

銀行間市場の大別

銀行間取引を大別すると、直物取引、先物取引およびスワップ取引に分かれます。

直物取引
直物取引は、取引の対価の受渡しが原則として取引日の翌々営業日(2営業日目)に行われるものです。
先物取引
先物取引は、対価の受渡しが将来の特定日に行われる取引ですが、通常直物取引の受渡し日を基準にして1ヵ月や6ヵ月などの月単位で区切った確定日を受渡し日としています(順月確定日渡し条件)。スワップ取引は、直物取引とその反対方向の先物取引、または受渡し日が異なる相互に反対方向の二つの先物取引を同時に同額、同一の相手方と行うものです。

対顧客相場

銀行間市場で成り立つ為替相場は、為替銀行の対顧客相場の基準となりますが、貿易業者などはこの対顧客相場をいわば与件としてさまざまな対外取引を行い、そこから生じた外国為替の需給が再び銀行間相場に反映されます。銀行間市場は、当事者が毎日特定の場所に集合して外国為替の売買を行う取引所がある場合(ドイツ、イタリア、フランスなど)と、電話・ファックス・電子的媒体(コンピューター回線など)で個々に行う取引を総合した抽象的な場を指す場合(ニューヨーク、ロンドン、東京など)に分かれます。

取引所取引で成立する為替相場

取引所がある国々の銀行間市場でも、取引所取引以外の銀行間取引が活発に行われています。取引所取引で成立する為替相場は、通常為替銀行の小口の対顧客取引の基準相場となります。

世界での取引規模

国際決済銀行(BIS)は、2010年4月の1日当たりの外国為替の取引額の統計を公表しています。国別では、1日当たりの為替取引が最も大きかったのはイギリスで、1兆8536億ドルと世界の36.7%を占めていて、首都ロンドンが世界の為替取引をリードしているいえます。通貨別の外国為替世界シェアでは現在もアメリカドルが圧倒的な取引量を誇っています。

外為ブローカー

外為ブローカーは、銀行間外国為替取引市場の仲介取引業者のことです。外国為替ブローカーとも呼ばれ、歴史上短資会社との関連が深い業者です。

概要

インターバンクは世界中の金融機関が外国為替を取引する場で、証券のように決まった取引所が存在せずに、電話・電子回線によって取引を行う市場です。実際に、外国為替市場で外国為替が取引される際に、銀行同士が取引するのではなく、間に外為ブローカーと呼ばれる仲介業者が介在することが多くありました。

手数料

外為ブローカーは、売り手と買い手を取り次いで取引を成立させ、ブローカレッジ(手数料)を得ます。かつては上田ハーロー(上田八木短資系)、トウキョウフォレックス(東京短資系)、メイタントラディション(セントラル短資系。「メイタン」は合併前の名古屋短資の略称)等が存在しましたが、電子取引の成長に伴いシェアが減り、上田ハーローとトウキョウフォレックスは1999年10月に合弁会社を設立しています。また、最近ではインターバンク市場ではなく個人向けの外為取引に進出している会社も多くあります。

為替 EXCHANGE!

上田八木短資株式会社

上田八木短資株式会社は、日本の短資会社です。

会社概要

  • 1918年6月 「匿名組合上田商店」(営業主は上田要)として大阪で創業。1937年2月に株式会社化し、「株式会社上田商店」となり、1942年6月に「上田短資株式会社」と改称しました。
  • 2001年7月 同じく大阪に地盤を置く「八木短資株式会社」を合併(合併比率は八木短資1に対して上田短資0.8)、現在の上田八木短資株式会社となりました。

インターバンク市場取引、オープン市場取引、レポ取引、投資信託の販売を主な業務としています。子会社に、外国為替ブローカーの上田ハーローがあります。他にも、同じく外国為替ブローカーのトウキョウフォレックス上田ハーロー(上田ハーローと東短ホールディングスの共同子会社)があります。また、子会社の上田ハーローでは、2005年より外貨保証金取引サービスとして「上田ハーローFX」を開始しました。

グループ会社

  • 上田ハーロー株式会社-外貨保証金取引(外国為替証拠金取引)
  • 上田八木証券株式会社-投資信託受益証券の機関投資家向け販売
  • トウキョウフォレックス上田ハーロー株式会社-外国為替・外貨資金取引の媒介
  • イーレックス株式会社-エネルギー商品・ウェザーデリバティブ等の媒介

株式会社メイタン・トラディション

株式会社メイタン・トラディションは日本法人専門の金融仲介業者です。営業品目は銀行間外為スポット取引、同フォワード取引の仲介等。

会社概要

外国為替・外貨資金・金利スワップ、各種デリバティブ取引、その他証券、商品取引等の総合金融仲介業務を主に行っているトラディション・グループ(本社スイス)の日本法人専門の金融先物取引業者です。トラディション・グループはニューヨーク・ロンドンを始めとして世界19カ国の金融マーケットでグローバルな金融サービスを提供しています。

主要取引先

主要取引先は、都市銀行/信託銀行/農林中央金庫/商工組合中央金庫/信金中央金庫/全国信用協同組合連合会/第一地方銀行/第二地方銀行/外為取扱信用金庫等全国の金融機関及び証券会社、世界中の全ての外国銀行/保険等の投資会社/証券会社/投資銀行です。